2021年最新のウォーターサーバーメーカーについてご紹介しています!

アクアクララ

長い歴史を持つ、日本の「元祖」ウォーターサーバー

2000年にサービスを開始した「アクアクララ」は、日本で最も長い歴史を持つウォーターサーバーの一つです。特徴は、RO膜(逆浸透膜)を使ってあらゆる不純物を取り除いた、安全・安心なお水。宅配やボトルの回収は、専任スタッフが玄関先まで来てくれるので、メンテナンスなどのサポート体制も充実している点が支持されています。

赤ちゃんにも安心のRO水

アクアクララは、サービス開始以来、一貫してRO膜でろ過したお水を提供しています。原料はふつうの水道水ですが、1000万分の1mmの微細な穴が空いたフィルターを使って不純物や雑味を取り除き、限りなく純水に近い水をつくります。その後、微量のミネラルを加えたのが、「デザインウォーター」と呼ばれるアクアクララのお水なのです。ミルクや離乳食づくりにも安心して使えるのが特徴です。

全国各地にある工場で、まったく同じ品質のお水を安定的に生産できるので、輸送のコストが抑えられ、価格は比較的リーズナブル。調理に使う分にはあまり感じませんが、後味がほとんどないので、自然なミネラルバランスの天然水と比べると、味わいの面では物足りなさを感じてしまいます。アクアクララのお水は、やはり高い安全性とコストパフォーマンスに強みがあるといえます。

容量が選べるガロンタイプ

お水の容器は、「ガロンタイプ」と呼ばれる再利用するタイプのボトルを採用。頑丈なポリカーボネート製のボトルは、ベーシックな12リットルのほか、女性やシニアでも扱いやすい7リットルも選べます。

メリットは、再利用するタイプなので環境にやさしく、コストパフォーマンスが高いこと。ただ、どうしても重さがあることと、お水を飲み切った後もボトルが場所を取ってしまうのが気になるところです。

豊富なデザインとすぐれた節電機能

アクアクララのウォーターサーバーは、デザインやカラーが豊富。特に、フロントカラーパネルが業界最多の8色から選べる「アクアアドバンス」が人気を集めています。お部屋のインテリアに合わせたカラーリングにできるのはもちろん、幅が30cm未満とスリムなので、家電の多いキッチン周りやワンルームのお部屋にもすっきりと設置できます。 そして注目は、IC制御による節電機能。日中外出している時間や夜寝ている時間をあらかじめ設定しておくことで、その時間帯の消費電力を抑えてくれるので、効率的に節電できます。

少し気になるのが、給水ノズルの位置が他のウォーターサーバーと比べて低い位置にある点。小さなお子さまの手も届きやすいので、ノズルに触って遊んでしまうことが考えられます。ただし、長押しによるチャイルドロック機能が装備されているので、熱湯がすぐに出てくる心配はありません。

お水はリーズナブル 宅配スタッフのサポートも

アクアクララは、お水自体の1,300円(税込1,404円)(12リットル)とリーズナブル。お水の宅配やボトルの回収は、専任スタッフが担当してくれます。地域によっては配達日が決まっているところもありますが、原則は注文してから届くというスタイルなので注文はしやすそうです。また、わからないことがあれば対面で聞けるのも嬉しいところです。

一方、サーバーの代金は有料。月額月額1,000円(税込1,100円)~2,000円(税込2,200円)が固定費としてかかってしまいます。その代わり注文ノルマはないので、水の使用量が少なく、レンタル料が気にならない人にはおすすめです。

安心・安全、対面サポート重視ならアクアクララ

いかがでしたか? 長い歴史を持つアクアクララですが、お水の味わいが天然水より劣ってしまうことや、ガロンタイプのボトルが場所をとってしまうデメリットがありました。 ただ、安定した品質のお水の供給や、宅配スタッフによるサポートには定評があるので、導入の価値は十分ありそうです。

当サイト売れ筋ランキング

ウォーターサーバー診断

今すぐ診断

今月のピックアップ

注目の新商品

売れ筋ウォーターサーバー

目的で選ぶ

フレシャス特集