2021年最新のウォーターサーバーメーカーについてご紹介しています!

サントリー

「南アルプスの天然水」を好きなだけ飲めるサーバー

酒類や清涼飲料水で高いシェアを誇るサントリーが、近年新たにウォーターサーバー事業に参入しました。お水はもちろん、同社のフラッグシップ「南アルプスの天然水」。その圧倒的な知名度とブランドイメージで、少しずつシェアを拡大しています。

おなじみ、「南アルプスの天然水」

お水は、言わずと知れた、「サントリー南アルプスの天然水」そのもの。甲斐駒ヶ岳をはじめ、標高3000m級の山々が連なる南アルプスの雄大な自然に育まれた地下水が原水です。 地中のミネラル分が溶け込んだ天然水を、ろ過・沈殿・加熱殺菌。出荷に至るまで、約200項目に上る独自の検査項目を設けているなど、安全性については折り紙つき。おなじみの「南アルプスの天然水」が好きなだけ飲めるのはポイントが高いですね。反対に、どこでも売っているペットボトルのお水と中身は同じともいえるので、「ウォーターサーバーでしか味わえない」という特別感は薄いかもしれません。 また、加熱殺菌をしているので安全ではあるのですが、非加熱にこだわりがある人にとってはネックになるでしょう。

品質守るバッグインボックス

お水はワンウェイ方式の「天然水ボックス」を採用。ダンボールの中に天然水が詰められたバッグが入っている「バッグインボックス」です。ポリエチレン製のバッグは、外気から触れにくくするための二重構造。外側がダンボールなので日光からお水を守ってくれます。また、最大で5箱まで積み重ねることも可能。小さなスペースで保管できます。 容量は7.8リットル。比較的軽いので、移動させたり、持ち上げて交換する際の負担が少なくてすみます。 一方で、サーバーに容器をセットする際は正しい手順を踏まないと水漏れしてしまいます。慣れが必要なので、交換がわずらわしいと感じる人もいるかもしれません。

シンプルで高機能 場所を取るのがネック

サーバーは1種類で、シンプルでくせのないデザイン。ホワイトとブラックが選べます。設置の際は、ヤマト運輸系列のヤマトホームコンビニエンスのスタッフが訪問して、開梱からゴミの回収まで行ってくれます。 便利な機能のひとつが、「4段階温度設定」。冷水の通常モードは4~9℃、省エネにもなる弱冷モードが12~15℃。温水は、通常モードが85~92℃、赤ちゃんのミルクづくりに最適な弱温モードは70~75℃となっています。その他、二重のチャイルドロックなど、機能が充実しています。一日一回熱水を循環させる「おいしさキーパー」機能もついているのですが、じつは作動している2時間程度、サーバーが使えなくなってしまうので注意したいところです。 そして、大きな問題はサーバーが場所を取ることです。幅37センチ、奥行き45センチは数あるサーバーの中でも”最大級”。バッグインボックスをそのまま上部に設置する構造なので仕方がないのですが、1人暮らしや狭いスペースへの設置が必要なお宅には不向きです。

お水以外は無料も、コストは高め

サーバーレンタル料、初期費用、配送料、メンテナンス料などすべてが無料。お水の料金のみで利用できます。定期配送システムを取っており、配送サイクルは1週間・2週間・3週間・4週間から選択可能。一箱(7.8リットル)あたり1,250円(税込1,350円)で、3本単位での注文になるのでコストはやや高めです。 契約期間は2年。期間満了より前に解約すると9,000円(税込9,900円)(1年未満の場合は15,000円(税込16,500円))の解約金が発生します。

「南アルプスの天然水」ファン必見のサーバー

サーバーがかなり巨大な点や、お水の価格も高めな点がどうしても気になってしまう「サントリー南アルプスの天然水サーバー」。 とはいえ、「南アルプスの天然水」ファンにとっては見逃せない商品。サーバーも高機能なので、スペースやデザインにこだわらない人にとっては十分選択肢になるウォーターサーバーになるでしょう。

当サイト売れ筋ランキング

今月のピックアップ

注目の新商品

売れ筋ウォーターサーバー

目的で選ぶ

フレシャス特集