2021年最新のウォーターサーバーメーカーについてご紹介しています!

Loccaってどんなブランド?口コミと評価

Loccaは、「株式会社ライフセレクト」が展開しているウォーターサーバーブランドで、『浄水型ウォーターサーバー』を取り扱っています。

天然水ウォーターサーバーの『プレミアムウォーター』の系列ブランドでもあります。

 

サーバーラインナップは水道水補充型の「リフィルサーバー」と水道直結型の「SKサーバー」の2種類。

「リフィルサーバー」は色がホワイトとブラックの2色展開で、大きさはロングタイプのみ。一方「SKサーバー」は、ホワイトの1色のみですが、大きさはロングタイプとショートタイプが選べます。

 

浄水型ウォーターサーバーとは?

浄水型ウォーターサーバーは、水道水を浄化して使う新しいかたちのウォーターサーバーです。水道水を使うので、レンタル代を支払えばいつでもおいしい水が使い放題というのが魅力。

 

また、浄水型ウォーターサーバーには、大きく分けて水道直結型と水道水補充型の2種類があります。

 

水道水補充型とは水道水を貯水タンクに汲んで使うウォーターサーバーで、リフィルサーバーはこちらにあたります。

水道水補充型のメリットは、工事不要で気軽に使えること。水道管とつなぐ必要が無いため、

好きな場所に置くことができます。

逆にデメリットは、水が貯水タンクからなくなる度に、水を汲む必要があること。

水を汲む頻度が減るよう、タンクの容量が大きいものを選びましょう。

 

水道直結型とは、水道に直接繋げて使うウォーターサーバーで、SKサーバーはこちらにあたります。

水道直結のメリットは、水道に直接繋げるので、水を補充する必要がないこと。一度に大量に水を使う方にはおすすめです。

その一方、工事が必要になるというデメリットも。

また、水道管に繋げないと使えないので、水道周りにしか置くことができません。

キッチンが広くないご家庭だと置くことは難しいかもしれませんね。

 

 

Loccaのメリット

 

①利用料金が安い。ただし例外も・・?

浄水型ウォーターサーバーの特徴として、レンタル代を支払えば定額で水がたくさん使うことができます。Loccaももちろん定額で使い放題です。

気になるLoccaのレンタル代は、リフィルサーバーが3,146円(税込)、SKサーバーが4,708円(税込)~。

リフィルサーバーは3,000円代で使えるのでお得感がありますが、SKサーバーは天然水ウォーターサーバーの月額料金より高いので、正直浄水型ウォーターサーバーを使う意味がないような気もします。

 

②水道水補充型と水道直結型が選べる

「水道直結型と水道水補充型の違い」で紹介した通り、双方にはそれぞれメリット・デメリットがあります。ご家庭のライフスタイルに合わせて好きな方をチョイスすることができるのは嬉しいですね。

 

③殺菌機能がついている

Loccaのウォーターサーバーはタンク内に、UV(紫外線)殺菌ランプを搭載しているので、フィルターできれいにした水を衛生的に保ってくれます。

 

さらにSKサーバーは、コックの部分にもUV殺菌ランプがついていて、ダブル殺菌が可能。

ただ、コック部分はアルコールシートなどでふき取る簡単なお手入れでも衛生的には十分ですので、正直こちらはなくても問題ありません。

 

他のメーカーだと、every freciousやハミングウォーターなどもUV(紫外線)殺菌ランプが搭載されているのできれいな水を使いたい方はそちらも検討してみてください!

 

Loccaのデメリット

 

①料金形態がわかりづらい

「シンプルな料金設定」と公式HPでは謳っているようですが、実際は料金形態がかなり複雑。ここでは、公式HPだけでは理解が難しそうな費用について、いくつかご説明いたします。

 

まず1つ目は、初期費用。

Loccaはレンタル代とは別に初期費用として、3,300円が発生します。

さらにSKサーバーの場合は、上記の費用とは別に、初回設置料を11,000円支払うと、レンタル代が550円安くなるシステム。この時点で既にわかりづらいですよね・・。

 

2つ目はSKサーバーのレンタル代。

SKサーバーのレンタル代は、フィルター・サーバーの大きさによって異なります。

SKサーバーは、ナノフィルターとROフィルターの2種類のフィルターを選ぶことができ、このフィルターの種類とサーバーの大きさ(ショート・ロング)の組み合わせによって

レンタル代が4,378円~6,578円の間で変動します。

レンタル代は月々ずっと払い続けるものなので、慎重に選びましょう。

 

特にわかりづらいと感じたのが3つ目のカートリッジの配送手数料。

リフィルサーバーは、追加でカートリッジを注文する場合、カートリッジ代は無料なのですが、配送手数料が1,100円かかるので注意が必要です。

 

そのほかにも、SKサーバーの場合

申込撤回料 4,620円(税込)

キャンセル料 3,300円(税込)

移設料 22,000円(税込)

配送事務手数料 6,600円(税込)

撤去料 11,000円(税込)

希望メンテナンス料(定期メンテナンス以外に任意で実施するもの) 19,800円(税込)

 

・・など様々な追加料金が発生します。

公式HPの隅々まで見ないと見落としてしまうので、気を付けてくださいね。

 

②浄水機能が基準を満たしていない。

Loccaのウォーターサーバーは、フィルターの性能の基準とされている、「家庭用品品質表示法で定められた除去対象物質」13物質のうち、実は11物質しか除去をすることができません。

きれいな水を使うためにお金を出すので、浄水性能はしっかりしたものがよいですよね。

ちなみに13物質除去を満たしているメーカーは、every freciousとウォータースタンドなどがあります。

 

③デザインや使い勝手がイマイチ

サーバーのデザインは他社のウォーターサーバーと比べると、正直おしゃれとは言えません。

また、ボタン一つで出水できるようなウォーターサーバーが主流になりつつある中、Loccaのウォーターサーバーは、出水方法がレバーやコック。

出水口の位置も低く、少しかがまないと水を汲むことができないのも気になります。

 

カートリッジの交換も4か月に1回と他社と比べて少し多いようです。

 

おしゃれで高性能な浄水型ウォーターサーバーを使いたいという方は、当サイトで人気急上昇中の「every frecious」がおすすめなので、ぜひチェックしてみてください!

 

④キャンペーンなどは行っていない

当サイトにて、キャンペーン情報を調べてみましたが、お得にお申し込みができるようなキャンペーンや、乗り換えキャンペーンなどは一切行っていないようです。

せっかくなら少しでもお得にお申し込みをしたい・・という方は多いはず。

そういった方は、別のウォーターサーバーを検討した方がよさそうです。

 

Loccaの口コミは?

Loccaの口コミをTwitterやInstagramで探してみましたが、広告のような投稿ばかりで、ユーザーの投稿は見当たりませんでした。

口コミを探して見つからないと、あまり使っている方が多くないのかと不安になりますよね・・。

 

「浄水型ウォーターサーバー」と調べてみても、every freciousやハミングウォーターの投稿ばかりでした。

Loccaの口コミももし見つけたら、このページでまたお知らせしますね。

 

まとめ

水道水補充型と水道直結型が選べるのは他社にはない強みだと思います。

しかし、浄水性能にやや難があったり、料金形態がわかりづらい、サーバーが少し使いづらいなど、気になる点が多いのも事実。

 

また、SKサーバーに関しては、レンタル代が天然水のウォーターサーバーの月額料金より高いのもネック。コストがかかるのであれば、水の質がいい天然水ウォーターサーバーを使った方がよいでしょう。

 

また、キャンペーンなどをやっていないので、あまり新規お申し込みや、乗り換えをするメリットがないように感じました。

Loccaを契約するのであれば、料金形態がシンプルなうえに、おしゃれで高機能なウォーターサーバーを出しているevery freciousの方がおすすめです。

今なら初月無料やその他お得なプレゼントキャンペーンなども行っていますよ!

当サイトでもご紹介しているので、ぜひ見てみてくださいね!

当サイト売れ筋ランキング

ウォーターサーバー診断

今すぐ診断

今月のピックアップ

注目の新商品

売れ筋ウォーターサーバー

目的で選ぶ

フレシャス特集