2021年最新のウォーターサーバーメーカーについてご紹介しています!

ウォーターサーバー『FRECIOUS Slat+cafe(フレシャス・スラット+カフェ)』コーヒーメーカーを買うよりお得?スラットとの違いは?

デザイン性の高いウォーターサーバーで人気のフレシャスから、コーヒーメーカー一体型ウォーターサーバー「FRECIOUS Slat+cafe(フレシャス・スラット+カフェ)」が登場しました。気になるカフェ機能の詳細や、コーヒーメーカーと比べたときのメリットなど、ご紹介します!

 

 

公式サイトを見る

 

UCC共同開発!本格コーヒーが楽しめる

人気のフレシャスより新登場したウォーターサーバー「スラット+カフェ」。最大の特徴は、本格的なコーヒーが楽しめるコーヒーメーカー機能が内蔵されていること!ウォーターサーバーでコーヒーを作るたび、直接出たらいいのに…と思っていたので、これはかなり嬉しい機能です。

 

 

しかも、オリジナルモデル「スラット」の冷水、温水、常温水等のウォーターサーバー機能が全て使え、スタイリッシュな見た目もほぼ変わらず継承されています。さらに、コーヒーメーカーの機能は大手のUCCと共同開発というお墨付き。プロがハンドドリップで淹れたコーヒーの味を、自宅で手軽に楽しむことができるようです。

 

ウォーターサーバーとコーヒーメーカーを両方持っている人も多いので、スラット+カフェに乗り換える人が多発するのではないでしょうか。

 

公式サイトを見る

 

 

コーヒーの抽出や後片付けが簡単!

では、実際にスラット+カフェはどうやってコーヒーを淹れるのでしょうか?スラット+カフェは、他のコーヒーメーカー機能付きサーバーと比べて見た目がスッキリしているので分かりづらいですが、実はウォーターサーバー中央にある冷水・温水が出る通常の抽出口とは別に、コーヒー専用の抽出口が別途設けられています。

 

 

ここに、ドリップポッドや市販のコーヒー豆(粉)を入れた専用ホルダーをセットし、後はボタンを押すだけ!お湯の量や蒸らし時間も、機械が自動で調整し抽出してくれます。気になる後片付けも簡単。ホルダーを外して中身を捨てるだけでよく、ホルダーも水でまるごと洗えるようです。

 

 

また、フレシャスのHPによると、通常のハンドドリップでコーヒーを淹れた場合、準備~抽出完了まで約5分35秒かかるところ、スラット+カフェなら約1/3の時間(約1分50秒。抽出時間だけだと約50秒。)で済むとのこと!朝の忙しい時間帯など、手軽に素早くコーヒーを淹れられるのは嬉しいですね。

 

 

公式サイトを見る

 

 

コーヒーの抽出方法は2通り

スラット+カフェのコーヒーの抽出方法は「UCCドリップポッド」「市販のコーヒー豆(粉)」の2通り。

 

「UCCドリップポッド」は、UCCのカプセル式コーヒー抽出方法の1種で、これまではUCC専用の機械でしか使えませんでしたが、スラット+カフェでも使えるようになりました。

 

特徴はとにかく手間がかからないこと!カプセルを専用ホルダーにセットしてボタンを押すだけで抽出ができ、抽出後もカプセルを捨てるだけでいいので、通常のコーヒーメーカーやハンドドリップのようにフィルターを洗うといった手間がありません。コーヒーだけではなく、紅茶・緑茶などのカプセルもラインアップしているので、気分によって好きなドリンクを選べるのも魅力です。

 

また、コーヒー好きのなかには、色々なカフェなどで買った豆や、いつも決まったお気に入りの豆を飲む人もいますよね。そんな人でも大丈夫!スラット+カフェは、カフェやスーパーで売られているような「市販のコーヒー豆」での抽出もできます。

 

抽出の仕方は、専用フィルターに市販の挽いた豆を10g程度入れて、ホルダーにセット。後は、ボタン1つでおいしいコーヒーが淹れられます。ちなみに、同じコーヒーメーカー搭載のウォーターサーバー「アクアウィズ」だと、ネスレ専用のカプセルしか使えません。

 

 

スラット+カフェは節約にも◎

気になるのが1杯あたり値段ですが、ドリップポッドの値段が1個あたり約51円~、市販の一般的なレギュラーコーヒーだと1杯分の10gで約20円ほどです。また1杯あたりのお湯の抽出量は標準モードで約160mlなので、お水代は約25円/杯になります。まとめると、ドリップポッドで抽出した場合は約75円/杯~、レギュラーコーヒーの場合は約45円程度でコーヒーを楽しめるようです。

 

 

通常、コンビニのコーヒーが100円程度、カフェで飲むと300円以上はします。毎日カフェでコーヒーを買っている方は、スラット+カフェでコーヒーを淹れるようにすれば、1ヶ月あたり約8000円、年間にすると約90,000円の節約に。スラット+カフェを使うだけで、想像以上の節約ができますよ。

 

 

 

公式サイトを見る

 

別途コーヒーメーカーを買う方がいい?

では、通常のウォーターサーバーを導入して、別途コーヒーメーカーを買う場合と比べて、コーヒーメーカー内蔵のスラット+カフェを使うメリットは何でしょうか?

 

 

タンクへの給水の手間が無い

コーヒーメーカーを使っている方からよく聞くのが、「タンクにいちいち給水するのが面倒」というもの。使うたびにタンクへ水道水を入れたり、冷蔵庫からペットボトルを出したり、何気ないことも毎日1回、多いときには2~3回となると、だんだんコーヒーを淹れること自体が億劫になってきます。スラット+カフェなら、毎回水を継ぎ足す必要がなく、1杯ずつウォーターサーバーの水から沸騰させるので、飲みたい時にすぐにコーヒーを淹れることができますよ。

 

 

残水の傷みの心配がない

また、コーヒーメーカーのタンク内にある「残水の傷み」が気になるという声も…。タンク内に入れたお水は、使用後にお水が残ることがほとんど。本来は使うたびに入れ替えるのが理想ですが、つい忘れてそのままにしてしまい、傷んでいるのに気づかず使ってしまった…という方が多くいるようです。スラット+カフェなら、いつでも新鮮な天然水で抽出することができるので、タンク内の残水の傷みを心配する必要が無くなります。

 

 

天然水が送料無料で届く

おいしいコーヒーを飲むために、機械にお金をかける人は多いですが、コーヒーの99%はお水!お水にこだわることが、おいしいコーヒーへの近道と言われています。しかし、いざお水にこだわろうと思っても、いちいち購入するのが手間だったり、ネットだと配送料が高かったりと、なかなかハードルが高いもの。スラット+カフェのお水は、富士山の標高1,000m付近で採水された高品質な天然水。しかも、自宅まで送料無料で定期的に届けてくれるので、ストレスなく美味しいコーヒーを飲むことができますよ。

 

 

省スペースでお部屋スッキリ

スラット+カフェにコーヒーメーカーが内蔵されるので、家電が増えがちなキッチン周りもスッキリ片付きます。さらに、やかんやポット、ドリッパー等のアイテムもいらなくなるので、なるべくものを減らしたいという方にもスラット+カフェはおすすめです。

 

 

公式サイトを見る

 

 

スラットとの違いは何?

コーヒーメーカー内蔵のスラット+カフェは、オリジナルモデルであるウォーターサーバー「スラット」をベースにしていますが、どこが同じで、どこが違うのか、気になるポイントをまとめてみました。

 

 

ウォーターサーバー機能はそのまま

スラット+カフェはスラットの人気機能を全て使うことができます。なかでも、常温水による給水や、カップラーメン作りにも最適なリヒート機能は、他のウォーターサーバーにはあまり無い機能のため人気があります。

 

電気代に関しても、旧式のウォーターサーバーの場合1,000円/月~1,200円/月発生するものもあるなか、スラット+カフェはスラットと同じ約380円/月~使えます。ちなみに、コーヒーを抽出した場合、電気代は1杯あたり約2円のようです。毎日1杯ずつ飲んでもたったの約60円/月なので、電気代を気にせずコーヒーを楽しめるのは嬉しいですね。

 

 

公式サイトを見る

 

 

【違い①】細かなデザイン

スラット+カフェとスラットの見た目はほぼ同じですが、デザインが異なる箇所が2つあります。

 

1つ目は、サーバー上部の操作パネルのデザイン。スラット+カフェには、冷水・温水・常温水等の通常のウォーターサーバー機能のボタンの他に、コーヒー、紅茶、お茶の抽出ボタンと、湯量を調整するボタンが付いています。コーヒーや紅茶でボタンが独立しているのは、蒸し時間や抽出時間を細かく変えているからとのこと。こだわりが凄いですね。湯量も調節できるようなので、濃いめ、薄めを気分で変えられるようです。

 

2つ目は、給水口のデザインです。スラットの場合、給水口は冷水・温水・常温水が出てくる1か所のみですが、スラット+カフェには通常の給水口の横にカフェ機能専用の抽出口が付いています。ちなみに、カフェ機能を使わない時はフタをすることができるので、下からのぞき込まない限り、スラットとほぼ同じ見た目で使えるのは嬉しいですね。

 

 

公式サイトを見る

 

 

【違い②】サーバー代金

また、スラット+カフェとスラットはサーバー代金が違います。レンタルプランの場合、どちらもお水を月3箱以上注文すればレンタル料は無料ですが、月2箱以下の場合スラットは900円(税込990円)/月、スラット+カフェは1,200円(1,320円)/月になります

 

スラットに比べて+300円/月になりますが、カフェ機能が一日あたり+10円で使えると思うと、個人的には安い感じがします。ちなみに、同じコーヒーメーカー機能搭載のアクアウィズのレンタル代が1,500円(税込1,650円)/月なので、スラット+カフェのレンタル代は相場よりも安めだと言えそうです。

 

購入プランの場合、分割払い(36回)だとスラットは1,306円(税込1,436円)、スラット+カフェは1,583円(税込1,741円)です。一括払いだとスラットが45,000円(税込49,500円)、スラット+カフェが54,000円(税込59,400円)なので、+9,000円でカフェ機能も使えるイメージです。

 

ちなみに、分割払いよりも一括払いを選んだ方が、3,000円お得に購入できますよ♪また、購入プランだとレンタルプランよりもお水代が安く使え、お水も都度注文ができるため(一括払いの場合)、お水をたくさん使う方や、毎月の注文数を気にしたくない方は購入プランがおすすめです。

 

 

 

公式サイトを見る

 

 

まとめ

フレシャスのスラット+カフェは手軽に本格コーヒーを楽しみたい方に、特におすすめしたいウォーターサーバーです。

 

▼おすすめポイント

・UCC共同開発の本格ドリップコーヒーが楽しめる

・カフェ等で買ったコーヒー豆(粉)でも抽出できる

・抽出や後片付け(お手入れ)がかなり簡単

スラットのウォーターサーバー機能が全て使える

 

 

また、コーヒーが一杯あたり約45円~作れるので、毎日コンビニやカフェでコーヒーを買っている人は、スラット+カフェで淹れるようになれば節約になりますね。

 

フレシャスは、ウォーターサーバー会社の中でも新しいモデルや機能を追加する頻度の多いメーカーです。今回も、ユーザーからのリクエストの声を拾い、コーヒーメーカー機能付きのウォーターサーバーをリリースしたようです。

 

スラット+カフェは発表直後からかなり人気のようで、フレシャスのHPでも早々に売れ筋ランキングNO.1になっていました。当サイトでも、ランキング上位を占める人気のウォーターサーバーです。

 

コーヒーメーカー機能付きのウォーターサーバーだと、他にもアクアウィズがありますが、「市販のコーヒー豆で抽出できない」「レンタル料がスラット+カフェより200円/月高い」ため、スラット+カフェを選ぶ方がいいでしょう。

 

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

公式サイトを見る

 

 

※期間限定※
当サイトイチオシの「フレシャス」が「初回の天然水1箱無料」の大キャンペーン中!
フレシャスをご検討中の方は、この機会をお見逃しなく!

 

フレシャスの最新キャンペーン

 

⇒フレシャス公式サイトはこちら

 

【おすすめ記事】
・部屋が狭くても置けるんだ! 卓上ウォーターサーバーでおしゃれな暮らしを
・一人暮らしこそ≪コスパ高い!≫ ウォーターサーバーのある憧れの生活を始めよう
・赤ちゃん向けウォーターサーバーの選び方! 先輩ママはどれを使ってる?
・“おしゃれ”なウォーターサーバーでお部屋を格上げ。 女性が選ぶおすすめ5選
・知らないと損? 月々の電気代が安いウォーターサーバー教えます!
・コーヒーメーカー機能付きウォーターサーバーで人気なのはどれ?Slat+cafe(スラット+カフェ)は使いやすい?

 

【イチオシ!フレシャス特集】
・【当サイト人気No.1】フレシャスの特徴を徹底解説!
・ウォーターサーバー『FRECIOUS Slat+cafe(フレシャス・スラット+カフェ)』コーヒーメーカーを買うよりお得?スラットとの違いは?
・みんな使ってる!ウォーターサーバー『FRECIOUS dewo(フレシャス・デュオ)』が選ばれるのは何故?
・卓上ウォーターサーバー『dewo mini(デュオミニ)』の魅力は?デュオとの違い5点も教えます!
・ウォーターサーバー『FRECIOUS Slat(フレシャス・スラット)』が人気の理由5選!デュオとの違いは?

当サイト売れ筋ランキング

ウォーターサーバー診断

今すぐ診断

今月のピックアップ

注目の新商品

売れ筋ウォーターサーバー

目的で選ぶ

フレシャス特集