人気ウォーターサーバーの水の種類 「天然水」と「RO水」の違いとは?のウォーターサーバーについてご紹介しています!

ウォーターサーバーの水の種類 「天然水」と「RO水」の違いとは?

ウォーターサーバーの「天然水」と「RO水」の違い

いつも私たちの身近にあるお水ですが、水と一言でいっても、実は色々な種類があります。

 

私たちの周りにある水は主に下記の3種類に分けられます。

 

主な水の種類

水道水: 国が定めた安全基準に基づき水道から出てくる水
RO水: 主に水道水を元に、特殊なフィルターで雑菌やミネラルも全て取り除いた水
天然水: 富士山やアルプス、また世界の様々な土地の水源を元として採水されて、天然のミネラルを含んだ水

 

一般的に、ウォーターサーバーの水と聞くと、「天然水でおいしい水」と思われていることが多いのですが、実はウォーターサーバーの水の種類には、「RO水」「天然水」という2種類の水があります。

 

水の種類は厳密には他にもたくさん種類があるのですが、この記事では、ウォーターサーバーで良く使われているRO水と天然水について、詳しく説明していきます。

 

「RO水」とは人工的に加工された水

RO水とは、アメリカ航空宇宙局「NASA」が開発したRO=Reverse Osmosis(逆浸透膜)システムで処理された水のことで、0.0001ミクロンの逆浸透膜のフィルターを使い、水に含まれる様々な不純物、その他の有害物質やミネラルも取り除いたお水のこと。(参考:逆浸透膜とは

 

「純水」「ピュアウォーター」「デザインウォーター」などと呼ばれている水もRO水に含まれます。

 

不純物をすべて取り除いたお水なので、安心・安全である半面、もともと水に含まれているミネラル成分なども除去してしまうため、ウォーターサーバーのRO水メーカーでは、このRO水に再びミネラル成分を添加して販売しているところが多いんです。

 

もちろん品質や健康には何も問題ないのですが、「人工的」と聞くと少し抵抗を感じる方もいるかもしれませんね。

 

「天然水」は安全に飲める自然に近い水

一方、天然水は別名「ナチュラルミネラルウォーター」と呼ばれていて、その名の通り、カルシウムやマグネシウムといった天然成分「ミネラル」が豊富に含まれています

 

「ナチュラルミネラルウォーター」の原水は、特定の水源から採水された地下水。地下水にろ過・沈殿・加熱殺菌以外の物理的、科学的処理を行わないものを「ミネラルウォーター」と呼ぶのですが、そのうち、地下を移動・滞留中に自然にミネラル分が溶け込んだ水が「ナチュラルミネラルウォーター」。

 

ナチュラルミネラルウォーターと呼ばれる天然水は、何年もの間、自然によってろ過されたことで生成されたミネラル分が豊富で、水本来の甘みや天然のミネラルが生きている、まさに自然の状態に近い水といえます。

 

例えばよくペットボトルで見かける、「Volvic(ボルビック)」はフランス中部オーヴェルニュ地方、「サントリーの天然水」は日本の南アルプス、奥大山、阿蘇などそれぞれの水源で採水されています。

 

この水源(採水地)が、ウォーターサーバーで「天然水」か「RO水」かを見極める方法の一つ。

 

メーカーサイトで水源が説明されているところは「天然水」、逆に水源がわからないものは水道水を処理している「RO水」と判断できます。

 

例えば、天然水で有名なウォーターサーバーは富士山や木曽の天然水を扱う「フレシャス」や、富士や阿蘇などの天然水を提供する「プレミアムウォーター」。

RO水で有名なのは「アクアクララ」や「クリクラ」があげられます。

 

ウォーターサーバーを選ぶ際には、水の種類や水源(採水地)も忘れずにチェックしてみてくださいね。

 

関連記事:富士山だけじゃない!日本全国のいろいろな天然水

 

天然水に含まれる、からだに嬉しい成分「バナジウム」

天然水の中には「バナジウム」という成分が含まれているものもあります。

 

バナジウムは、マグネシウムやカルシウムと同じミネラル成分の一種のことで、ミネラルは体の機能の維持・調節に必要不可欠な成分です。

 

中でもバナジウムは、効能・効果として「血糖値を下げる働きがある」ということで近年注目されていて、この作用により糖尿病の予防効果にもつながるといわれています。

 

バナジウムを含んだ天然水には、その他のミネラルとの相乗効果の影響などで、脂質の代謝を促進したり、血液をサラサラにする作用があることから、高血圧や動脈硬化を予防するといった効果・効能への期待も。

 

さらに「ブドウ糖が中性脂肪として体内に蓄えられることを抑制する効果」も確認されており、ダイエットにも効果的ともいわれています。

 

まだまだ研究途上とはいえ、効果・効能としてとても期待できそうなバナジウム。

ウォーターサーバーでは、フレシャスやプレミアムウォーターなど、富士山を水源にしている天然水に含まれていて、どの天然水にも含まれているわけではないので、注意してください。

 

関連記事:美容や健康に良いと言われる天然水の成分の「バナジウム」とは?

 

天然水のウォーターサーバーがおすすめ!

ここまで、RO水と天然水の簡単な特徴についてご紹介してきました。

ウォーターサーバーでは、RO水と天然水のどちらでも安全なお水を飲むことができるのですが、当サイトでは基本的に天然水をおすすめしています。

 

その理由は、自然本来のおいしい水を味わうことができて、先ほどご紹介したバナジウムなどのミネラルによる健康増進や、美容・ダイエット効果などが期待できるから。

 

天然水のウォーターサーバーにも様々なラインアップがあるので、このサイトでは目的や選び方に応じたおすすめのウォーターサーバーをご紹介しています。

ぜひ参考にして下さい。

 

 

【その他の関連記事】

ウォーターサーバーの天然水がおいしい2つの理由

美容や健康に良いと言われる天然水の成分の「シリカ」とは?

 

 

【その他のおすすめ記事】

2022年最新ウォーターサーバー – 人気のおすすめランキング!

【2022年最新】一人暮らしにウォーターサーバーはいらない?向いている人を徹底解説

【2022年版】水道水ウォーターサーバーおすすめ10機種を徹底比較!

当サイト売れ筋ランキング

ウォーターサーバー診断

今すぐ診断

今月のおすすめ

売れ筋ウォーターサーバー

ランキング

目的で選ぶ

フレシャス特集